勃起不全を理解していない

不十分な勃起不全

勃起不全の症状にもいろいろあると思います。
例えばですが、
「ちかごろ勃起しにくく、勃起しても続かない・・・」
「挿入しても途中で柔らかくなって抜けてしまう・・・」
「性欲はあるけど、興奮しても勃起しない・・・」
「勃起しても十分に固くならない・・・」

 

このような理由はれっきとした勃起です。

 

加齢やストレス、不安や血液の循環などが関係し、陰経に力が入らないために、勃起不全が起こってしまいます。そのために、原因を改善するために、勃起薬を服用します。

 

 

しかし、勃起薬を服用する患者は、自分自身が勃起不全という症状を理解しているから服用します。
勃起不全という症状が起こっているのに、「自分が勃起不全では無い!!」と勘違いをしていると、勃起薬も服用せずに、そのままヘナヘナ状態が続いてしまいます。

 

例えば、
「性行為はできるが、陰経には力が入らない・・・」
「一人でおこなうマスターベーションは勃起するが、二人の性行為だと勃起してくれない」
「勃起しても継続性がない・・・」

 

男性の中で、勃起不全を理解しておらず、病気ではないと自己否定をしてしまいます。
そのために「なんとかなるでしょ?」っと軽く考えてしまい、そのまま放置します。

 

すると、症状が進行し、治りづらくなります。

 

たとえ一時的に勃起したとしても、十分な硬さを持続できないのなら勃起不全に部類されます。
改善を図るために、勃起薬を服用し、満足な性行為をおこなうことが重要です。

 

 

 

ページの上へ