心因性には勃起薬

心因性を勃起不全

女性の裸を見た!いやらしい声を聞いた!!すると、次第に脳が反応し、そこから体のいろいろな部分が反応し、陰経内部につながり、勃起が成り立ちます。

 

しかし、脳に刺激を与えたとしても、プロセスに支障があると勃起不全になる恐れもあるために、注意しなくてはいけません。

 

 

一人によるマスターベーションの時は性欲も有り、勃起も長時間に私持続するが、妻やパートナーとの性行為になると、勃起不全が持続時間が短くなります・・・。

 

こんな悩みに遭遇した時、30代〜40代の年齢が関係しているかもしれません。
っというのも、勃起不全のなかで一番多い原因が加齢です。

 

ストレスや疲れ、体の至る部分に支障をきたすことで、勃起不全が起こってしまいます。このような症状を心因性勃起不全と呼び、疲れや精神的な原因によって、勃起のメカニズムの一部に支障が起こることで、勃起不全が起こってしまいます。

 

このような悩みに病院やクリニックで勃起薬が処方されます。
バイアグラの製造会社の臨床試験によると、心因性勃起不全の患者に処方した所、約70〜80%の効果がわかったそうです。

 

なおかつ、服用を続けることで、心理的に改善が見られ、最終的には薬を服用せずに、勃起の持続時間が長くなったこともわかっています。

 

 

ページの上へ