薬の併用薬には注意が必要

グレープフルーツと併用の薬に注意

勃起薬を服用することで、男として悩まされていた勃起不全を改善してくれます。
しかし、勃起薬も医薬品の一部のために、副作用や相合作用をある程度は理解した上で服用することが重要になると思います。

 

 

勃起薬は、陰経内部の酵素を抑制することで、血液の循環を抑えることで、効果を発揮します。しかし、勃起薬と似た作用のある薬を併用すると効果が強くなるおそれがあるために注意しなくてはいけません。

 

たとえば、血管拡張作用のある「狭心症、心臓病」などの薬。
こちらの薬は、勃起治療薬のように、酵素を抑制する効果はありませんが、血管を拡張させるために、結果的に相乗効果になり、血圧や血管、脳に過剰に刺激を与えてしまいます。

 

脳や心臓に悪影響を与えてしまい、最終的には死につながる危険性も。

 

そのために、勃起薬を服用する場合は、一緒に心臓病や狭心症の薬は服用しないこと。
もし、詳しいことがわからない場合は、医師の診察を受け、相談をすること。

 

 

それから、普段なにげなく食後に食べる「グレープフルーツ」にも注意が必要です。
グレープフルーツには「フラノマクリン類」という成分が含まれていて、こちらはバイアグラやレビトラ、シアリスの成分と結合することで、効果が増強することがわかっています。

 

「増強」ときくと、勃起不全の効果がさらに強くなるのでは?っとおもいがちですが、血液の循環に以上をきたし、これもまた心臓に負担をかけてしまいます。

 

生のグレープフルーツや飲み物にもフラノマクリンが含まれているために十分に注意しながら、薬を服用すること。

 

どんなに勃起薬に効果があったとしても、併用の影響で大きな副作用が起こったら意味がなくなります。基本的なことを守ることがたいせつになります。

 

 

ページの上へ