病院でバイアグラを処方

病院でバイアグラ

勃起薬を服用する場合、ネットの通販を利用すると、価格を安くして購入することができるために、コスト面を考えると、かなりお得です。

 

現在のところ、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは、保険が低起用されていないために、1錠だけで2000〜3000円以上もします。それに対して、通販だと1錠で100〜400円と、かなりの価格の差がでています。

 

 

しかし、通販で購入するとなると、自己責任になるために、大きな副作用起こった場合、自分の責任になります。そこで、トラブルを避けるために、専門医に相談をするのも安心を考えると一番大切になるかと思います。

 

心因性勃起不全の場合、治療の基本はカウンセリングからはじまります。
自分の中では勃起不全の原因は「加齢」と思っていたのが、実は「ストレス、栄養不可」が原因という恐れがあります。

 

そのために、結果的には勃起薬を服用せずに、改善につながることも十分にあります。

 

まず体に問題がないことを患者に理解してもらうために、検査を受けるのが最初になります。
その上で勃起不全をもたらす心の原因を探り、各自にあったり開削を提案していきます。

 

ケースによって補助的に勃起薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方します。
これは、担当の医師や病院によって異なりますが、基本的に国内の病院では厚生労働省の許可のもと、この勃起薬が処方されます。

 

動脈硬化など、様々な疾患が原因の勃起不全であれば、その症状の緩和を目指すと同時に陰圧式勃起補助具という器具を使って、機械的に勃起を則します。

 

これはまず、円柱系の中に陰経を入れ、吸引ポンプで空気を抜き、ペニスを拡張させることによって人工的に勃起をそくすものです。

 

バイアグラの有効率が約70%であるのに対して、陰圧式気道補助器具は80%だと言われています。
有効性、安全性とともに高いということがわかります。

 

 

ページの上へ