睡眠の重要性

睡眠に対してどれだけ意識するのか?

あたり前のことですが、睡眠をとることは重要な事になります。
健康面、体のことを考えても大切です。
なおかつ、男性ホルモンの分泌を即すにも睡眠は必要不可欠になると思います。

 

逆に、睡眠が不足すると、男性機能が低下するために、十分に注意しなくてはいけません。

 

たとえば、
遅くまで仕事をしないこと。
夜はパソコンやメールを見ない、午前0時前には布団に入る。

 

過食や遅い時間の食事を避け、朝食まで起きたら、カーテンを開けて、朝日を浴びる。このあたり前のようなことなんですが、毎日のようにおこなうことが重要になると思います。

 

眠りは副交感神経が優位にならないと訪れません。
でも、遅くまで仕事をしたり、寝不足になると、ホルモンのバランスが崩れやすくなりますね。

 

仕事に関して説明は不要ですが、夜にパソコンやスマホなどの強い光が目に入ると、緊張の神経である交感神経が活性化されます。

 

睡眠を司っているのは脳内の松果体という消化管で分泌されるメラトニンというホルモン。睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは、セロトニンから生成されます。このメラトニンとセロトニンは睡眠と覚醒のリズムを整えており、昼はセロトニンが増え、交換するように、夜はメラトニンが増加します。

 

こうしてバランス型持ちながら庄やが働いて、セロトニンのリラックス作用、想像力を高める働きは、メラトニンになっても変わらないのですね。

 

そのために、睡眠に対してはあたり前のように、あたり前を毎日のように継続しておこなうことが重要になります。